オーストラリア戦の大迫、すごかったですね~。
ロンドン五輪で外されたのが、まあ本当に悔しかったのかなって思いました。
昔の大迫だったら、決めきれなかったですからね。

そういう意味では、落選して伸びたのが良かったと思いました。
でも、大迫の活躍の陰で、豊田との相性が単純に
良かったのかな~と思いました。

鹿島ではダヴィとの相性が良くて、今年はかなり得点していますが、
ダヴィ自身は大迫のサポートに回っているような印象を受けました。

今回の豊田も、結構サポート役に徹している印象が強く、
そのおかげで大迫が点を獲れたのかな~と思いました。

でも、それでも冷静に決めきる辺りが、本当に成長したな~と思います。
あの柿谷も、ゴールキーパーとの1対1では外しましたからね~。

そういう意味では、相手がオーストラリアだし、
柿谷がいた中国戦よりも良かったような印象があります。

大迫が良かったというか、やはり大迫と豊田のコンビが良かったと思います。
二人とも、非常に献身的ですしね。
柿谷は守備をしなさすぎる・・・。

宇佐美とか家長もそうだったけど、天才と言われる人は、
大体守備しないのが特徴だな~って思います。

特に今回のザックジャパンのような守備に脆さがある時には、
前線からの守備って、重要だと思います。

吉瀬美智子に第一子が誕生したそうですね。
吉瀬美智子って38歳らしいですが、本当に綺麗ですよね~。

でも、一般的に見て、38歳での初産は高齢出産に当たるので、
本当に母子ともに無事で良かったな~と思いました。

一般人も最近は晩産化が多くなってきたので、
このくらいの年齢で出産をする人が多くなったけど、
決して高齢出産っていうのは勧められるようなものではないんですよね。

『一応産める』という認識の方が正しいのかもしれません。

芸能人が高齢出産で簡単に産んでいると、
一般人も「なんだ、高齢出産なんて怖くないじゃん」と
思ってしまう人が多いそうです。

しかし、やはり出産の適齢期というのは、医師によっては
20代、下手したら10代後半なんて言う人もいるそうです。

やはり30代での出産はそれだけ出産には適しているとは
言えない時期になってきているという認識が必要だと思います。

また、不妊症の場合も、現在助成金のボーダーが
39歳って言われていますよね。

それ以降はそれだけ妊娠の可能性が低いと
判断されているわけですから、38歳での出産って言うのは、
それだけ考え深いものだと思います。

吉瀬美智子も、妊娠までに結婚してから
2年っかかったと言っていましたからね。
意外に簡単な話ではないと思います。

ワールドカップの最終予選やコンフェデ杯で、
セットプレーからの失点が続き、さすがに川島の
ゴールキーパーとしての質を疑う声が出てきているようですね。

楢崎を挙げる声もあるようですが、今更楢崎を出しても、
将来がないので、私は川島に頑張って成長して欲しいと思います。

確かに最近のプレーは良くない物がありますが、
アジアカップの優勝の時に、韓国とのPK戦で決勝へ進めたのは、
やはり川島のおかげだったと思います。

良い時もあれば、悪い時だって当然ありますよね。
だったら私は、川島はここで嫌なものを全部出してしまったと思いたいです。
川島だったら、姓著してくれるのではないかと思いました。

本当に川島がダメなゴールキーパーだったら、
アジア杯だって取れていなかったと思います。

川島を変えろっていうんだったら、高さに弱い今野を変えるべきだと思います。
今野と吉田のCBのコンビの方がよほど問題が多いと思います。
今野と吉田のCBになってから、本当に守備がひどくなった。

吉田を支えていくには、やはりもっとベテランで闘志のある
選手を連れてきたほうがいいんじゃないのかなって思いますね。

例えば闘莉王とかね。
同じグランパスなんだから、上手くやっていけそうだと思いますしね。
闘莉王だったら、セットプレーで点も獲ってくれそう。