よく耳にするようになり、目にもするようになった「エイジングケア」の文字。
テレビCMで見る日もあれば、番組そのもので紹介をしていたり、女性誌でも何度も特集が組まれたりしていて、見ない日はないのでは?というくらいですね。
そんなエイジングケアですが、まず知っておきたいのは言葉そのものの意味です。

「エイジ」というのは、年齢と言う意味の単語ですよね。
その進行形である「エイジング」は加齢、つまり歳をとる、重ねる、という意味があり、他にも分かりやすいものだと、経年というような意味合いで使われることの多い言葉です。
「ケア」は手入れ、配慮、などとても多くの意味を持っていて、広く使われていますね。

日本語にそのまま直すと「加齢のお手入れ」、といった感じでしょうか。
もっと分かりやすくすると、「加齢によって引き起こされる諸々、それらに対するお手入れ」、というような意味になります。
アンチエイジング、というよく似た言葉もあり、意味合いもほとんど同じようなものなのですが、こちらの方が抗老化、抗加齢のニュアンスが強いと思ってください。

エイジングケアにはさまざまな方法がありますが、今使っている化粧品を見直し、お肌に合ったものを使うというのも、方法の1つです。
私のサイトでは、たくさんの化粧品を使って製品の比較を行っていますので、化粧品選びに悩んでいるというような方は是非、役立ててみてください。
小さな努力を重ねて、お肌の健康を保ちましょう。

紫外線は季節や天候に関係なく存在する

一年中紫外線対策が、何故必要なのか、
ご存知でしょうか。

それは、地球の温暖化で紫外線が毎年
少しずつ増えてきているからでもありますが、

紫外線は、そもそも天気が良い晴れの日のみ
存在するのではなく、雨が降っても、曇りでも、
紫外線が存在します。

確かに、夏の暑い日は紫外線の量は多いのですが、
いずれにしても、シミやそばかす、たるみの原因や、
肌の老化は、紫外線が原因しているのです。

紫外線がもたらす健康への害は大きい!

UVカットや紫外線対策をきちんとやっていないと、
肌が老化しやすくなり、様々な害が生じるのです。

紫外線を沢山浴びてしまうと、メラニンの色素に異変が
起こり、メラニンが過剰に分泌されてしまい、
シミができやすいのです。

髪の毛にもメラニンの色素が変化して、髪の毛の色が
変色したり、髪がぱさついたり、痛んだりします。

皮膚には、皮膚細胞に紫外線が吸収されると、細胞の
遺伝子が傷つき、皮膚がんの原因にもなります。

 

美白と美肌にとって大切な紫外線対策

そうはいっても、紫外線にあたることが、
絶対に悪いということではありません。

朝起きてから、日光に浴びることは、
健康に良いとされていますし、

ほかにも紫外線にあたることで、
良いこともあります。

ですが、人間が生活していくなかで、
紫外線を浴びている時間は多いのが事実ですので、

美白のためにも、紫外線対策は
必要であることを頭に入れておいて下さいね。
ビーグレンの口コミはこちら

ヒントは、家庭の生活の中に!

シミを家でケアする最善の方法は、
たくさんあります♪

肌のお手入れならず、食生活、
睡眠時間の充足、顔のリンパマッサージ
などなど、ヒントは家庭での生活の
中に隠されています。

そう苦労せずして、シミをケアするには、
楽しくケアをするに越したことはありません
よね?

 

ストレスをためず、リラクゼーション!

毎日のスキンケアばかりだと、肌をいじり
すぎてしまい、逆に、シミが増えてしまう
原因にもなりかねません。

そこで、土日くらいは、肌を休息させて
あげつつ、サウナや、アロマセラピーなどを
しつつ、リラクゼーションを取り入れること
をおすすめします。

また、肌の中にある老廃物を排出して、
活性酸素や、不純物を取り除くための
お茶や、ハーブティーを飲むことは
とてもおすすめです。

睡眠をしっかりとってナチュラルケアを!

毎日スキンケアをしつつ、肌のお手入れは
いっさいしないケアがおすすめです。

また、肌を労わるためには、睡眠が重要です。
睡眠をしっかりと毎日とることによって、
お金をかけることも、労せずして、シミケアの
お手伝いをすることができます。

時には、スキンケアを忘れ、肌を毎日いじり
すぎるのではなく、体に良いことを始める
ことが、シミを家でケアする最も良い方法の
うちではないかと思われますね?