目元の化粧よれ対策

普段から食生活に気を配って、適度な運動を行ったり化粧品を変えたり、エイジングケアを日常的に行っているという方は、いま本当に多くなりました。
お化粧品をその時々のお肌に合ったものに変える、というのはエイジングケアに効果的なことで、お肌の健康を保っていくことに繋がります。

基礎化粧品やメイクアップ化粧品を、自分に合ったものに変える、もちろんこれは大事なことなのですが、お化粧自体の仕方が雑だと意味がありませんよね。

歳を重ねると、シワやたるみなどでファンデーションがよれてしまいやすくなります。
そこで、時間が立っても崩れにくい、よれの激しい目元へのファンデーションの塗り方を紹介したいと思います。

基本は、強く塗らない、厚く塗らない、ということです。
ファンデーションを目に乗せたら、スポンジを使って、目尻から目頭に向けてぽんぽんと叩きこむように、薄く伸ばしてあげましょう。
シワに逆らうように目尻から、というのがポイントなんですよ。
そして最後にパフを使って、目元をグッとおさえるようにしてあげれば完成になります。

エイジングケアを考えるということは化粧品や化粧の仕方を考えること、というように、単純にイコールで結ぶわけではありませんが、化粧品などは大切なポイントです。
一番いい基礎化粧品って?【私が実際に体験して選びました♪】参考にしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加